1本から2本の欠損した歯に対してインプラ

火曜日 , 8, 1月 2019 1本から2本の欠損した歯に対してインプラ はコメントを受け付けていません。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

Tags: